女の人

誰ともカブらない個性|通販でピカピカのシルバーアクセサリー選び

鼻ピアスの歴史

ピアス

ピアスの深い歴史とは

皆さんは鼻ピアスをしっていますか。オシャレとしてつけている人は沢山いると思いますが、実は鼻ピアスの歴史は深いのです。インドという国ではだいたいの人が小さい頃に耳ピアスや他の所もあけてしまいますが、鼻ピアスもインドのラクシュミという女性の人がつけた事が始まりと言われています。インドでは結婚などの大イベントとピアスが関連していて、男の人の中では遊牧民族や各種部族の中でピアスの習慣が広まりました。男の人の鼻ピアスは権力や富の象徴とされていたのです。それだけでなく鼻ピアスは魔除け効果があると信じられており、歴史の奥がとても深いものなのです。ピアスというものはインドの国では一種の国を表すものに近いということですね。

鼻ピアスのこれからとは

国によって周りの人がどんな目で見るのかは大幅に違ってきます。日本ではピアスというものは、耳以外は周囲の人の目が気になるものだと思いますが、その環境も変わりつつあります。今は芸能人の中でもオシャレでつける人が増えてきており、昔のように変な目で見るようなことも少なくなってきました。しかし、いろいろな世代の中の人がこの世界では生きているので反応や思うことは人それぞれですね。例えば、鼻ピアスをしたまま仕事の面接に行ったらどうなるでしょうか。インドなどの深い歴史となっている国とは違って、日本ではいい反応はないでしょう。このように、まだまだ日本では認められるものではなさそうです。これから、世代がどんどん新しくなっていく世の中ですので人それぞれの個性が均等に認められる世の中になるといいですね。